駐車場は砂利敷きじゃ駄目なの?コンクリート舗装との違いは?

 

外構工事の打ち合わせをしていくと、ふと疑問に思うことがありました。

”駐車場って砂利じゃ駄目なの?その方がコストも安く済むし。”

確かに月極駐車場や店舗の駐車場などは砂利敷きが多いですよね。

一方で、一般家庭で駐車場を砂利敷きにしている家は少ないです。

”なぜなのでしょうか??”

調べていくと、これには色々と理由がありました。

今回はそんなコンクリート舗装と砂利敷きの違いについて、それぞれデメリットを挙げて比較したいと思います。

スポンサーリンク

砂利敷きのデメリット

砂利敷きには次の6つのデメリットがあります。

 

車体やタイヤに傷が付きやすい

砂利の上に車を停めると、車の出し入れの際に砂利が跳ねて車体を傷付ける恐れがあります。

また、砂利がタイヤの溝に挟まり、そのまま走行することでタイヤ自体を痛める恐れもあります。

 

車体が汚れやすくなる

砂利の駐車場は砂煙を巻き上げやすいです。

特に雨の日は地面が泥水で汚れ、車が汚れやすくなります。

 

砂利の量が減ってしまう

砂利の上に車を駐車すると、車体の重みでだんだんと沈んでいき、砂利の量が減ってしまいます。

また、車の出し入れで砂利が敷地外へ跳ねたり、大雨が降ると砂利が流れていってしまう恐れもあります。

定期的に砂利を追加していく必要があります。

 

雑草が生えてくる

砂利敷きの場合、雑草を防ぐ為に地面に防草シートを敷く必要があります。

しかし防草シートを敷いても、わずかな隙間や壁際を伝って雑草は生えてきます。

そのたびに草むしりをしなくてはなりません。

砂利は管理に手間がかかります。

 

雪の日は雪かきができない

コンクリート舗装であれば、スコップで雪かきをすることができますが、砂利敷きだとスムーズな雪かきが出来ません。

砂利や地面ごと掘ってしまい、泥だらけになってしまいます。

雪のよく降る地域にお住まいの方は、駐車場はコンクリートにしましょう。

 

砂利は水はけが悪く、車を傷めてしまう

雨が降るとジメジメしますよね。

砂利敷きは水はけが悪く、湿気を溜めやすいです。

その為、地面からの湿気が車体の下に溜まり、マフラーや車体の下回りが錆びる危険性があります。

一方、コンクリート舗装は、水はけが良く、湿気も溜まりません。

 

コンクリート舗装のデメリット

次にコンクリート舗装のデメリットを挙げてみます。

コンクリート舗装のデメリットは2つです。

 

施工後、すぐには駐車できない

コンクリートには養生期間が必要です。

養生期間とは、コンクリートを乾かして強度を高めるために必要な期間です。

ですので、その期間中は車の駐車ができません。

周辺のコインパーキングなどに停めるなどの工夫が必要になってきます。

《養生期間中の我が家の駐車場》

 

養生期間の目安はおよそ一週間

養生期間をどのくらい取るかは人によって様々ですが、通常は3日~7日程度取るのが一般的 です。

我が家の場合は、大工さんに一週間と言われました。

一週間ほどで通常の強度の半分ほどになるそうで、普通乗用車なら停めても問題はないそうです。

それでも心配性な私は、念のため2週間車を停めませんでしたw

 

ひび割れ(クラック)が起こる可能性がある

コンクリートは、養生期間の間、少しずつ凝固し固まっていきます。

そして乾燥することで収縮するのですが、その収縮の際にひび(クラック)が入る場合があります。

ひび割れを確認したら、すぐに施工会社に連絡をして補修をしてもらいましょう。

 

スポンサーリンク

我が家の駐車場を紹介

うちの駐車場はこのようにコンクリート舗装です。

後ろは、ガーデニング用として土にしてありますが、現在も手付かずの状態です…w

 

車を停めるとこんな感じ。

狭いので車のドアが完全に開きません。

 

荷物を積むのも、降ろすのも、持ち運ぶのも大変です。

もちろん駐車も大変です。

歳を取ったら多分駐車できないと思いますw

 

スポンサーリンク

まとめ

以上のように、砂利敷きはデメリットが多い ということが分かったと思います。

唯一のメリットを挙げるとしたら、コストが安いという点です。

コンクリート舗装に比べて、1/3程度の費用で済むのではないでしょうか。

それでも、

長期的な目で見ればコンクリート舗装の方が手間がかからず、ストレスは少なくて済みます。

砂利敷きのデメリットも、コンクリート舗装であれば全て解消します。

ですので、私は砂利敷きよりもコンクリート舗装をオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です